坪井香譲のブログ「文武随想録」

最新記事 「コロナと人間の知」(2)(2020-07-27更新)

https://tsuboikajo.hatenablog.com/

∞気流法

お知らせ (2020年8月30日)

new 2020年9月5日(土) に予定されていた坪井香譲の朝日カルチャー新宿・公開講座は中止となりました。
(新型コロナウイルス感染対策を講じた上での開催を目指していましたが、直近の東京都の状況に鑑みて、今回は取り止めとなった次第です。今後、開講の際には改めて当サイト等でお知らせします。)

new9月∞稽古スケジュール

8月∞稽古スケジュール

new 『ダ・ヴィンチ』7月号の【この本にひとめ惚れ】コーナーで『呼吸する身体 武術と芸術を結ぶ』(坪井著)が紹介されました。


以下の講座は新型コロナウイルス感染状況に鑑み、中止となりました。

なお、当会としても一般公開の新講座を早ければ今秋頃開催に向け計画しています。追って当サイトなどでお知らせします。よろしくお願いします。

坪井香譲の公開講座 2020年9月5日(土)

呼吸する身体ー武術と芸術を結ぶ

あまりに大切なものは、ごく近くにあり、返って見つけにくい、というメーテルリンクの幸福の青い鳥の物語! 古武術でも、極意は日頃何気なくする瞬きのようなもの、と諭します。 健康・養生も、様々な術や芸術のこつも、その青い鳥や瞬きに当たるのが<呼吸>です。古代インドでは真の自己(アートマン)と呼吸は語源を通じます。それはいわゆる<瞑想>と軌を一にするでしょう。 私はそのような呼吸にラ旋状の動作をかけ合わせて<あまつかぜ>を工夫しました。ラ旋動作は、私が修業した古剣術や合気道、また見ただけですが太極拳にも共通します(ヨガもラ旋のイメージで深呼吸)。生命の根本的な形、ラ旋:生命の根本的な形と、呼吸:生命の<原リズム>との融合で、しなやかな自由の世界へ誘われます。近著『呼吸する身体 武術と芸術を結ぶ』(2019年3月刊)を中心に、著者が先駆けて世に提示した「身体の文法」を実演やビデオと共に解き明かします。

<各自ご用意ください>動きやすい服装。五本指ソックスまたは足袋。(更衣室あり)
★講師プロフィール 坪井香譲(つぼい かじょう)/∞気流法創始者
1939年生。早稲田大学心理学科卒。少年の頃から弓道、瞑想そして心理学に触れる。やがて合気道を通して身心技の世界の奥深いことを知り、芸術表現、スポーツ、職人の技、健康法、瞑想、武道等に共通する<身体の文法>を発想。これを創造性や言語やイマジネーションと関連させつつ、身体実践と思想の両面から探求。やがてヴィジョン体験により、気流法を創始。各分野の人々と交流しながら国内、仏・独・豪各国で講習を行っている。「やわらげの武」創始師範。フランス国立舞踊研究所、相模女子大学(2003~2006)で非常勤講師。人体科学会学術会員。主著:『呼吸する身体』(新泉社2019年刊)『気の身体術』(工作舎)『創造する知・武道』(BABジャパン)他。ブログ「坪井香譲の文武随想録」。

呼吸する身体ー武術と芸術を結ぶ

坪井香譲の新著
『呼吸する身体ー武術と芸術を結ぶ』(新泉社)2019.3.27 発刊

推薦の言葉

「ヒトとしては社会の一員、いのちとしては自然の一部である自分にひそむ可能性を自覚させてくれる本です。」
ー 谷川俊太郎氏 ー


「坪井香譲先生は、宗教、哲学、芸術と武道の技法と術理の内在的なつながりを深く考究することで武道の可能性を大きく広げてくださった。
先生の独創的な知見は、われわれ後続する武道家にとって掬すべき貴重な水源のひとつである。」
ー 内田樹氏 ー


『呼吸する身体』を読んで……各界からの反響より

虎の巻の中に書かれた秘技とでも言える奥義を惜しげもなく書き込んでいらっしゃるのでビックリしました。豊富な知識をあや織りの如くに編み込んで、素晴らしい本をお書きになりましたね。沢山の人に読ませたい本です。
笈田ヨシ氏

俳優・演出家/ピーター・ブルック演出『テンペスト』他多数の舞台、マーチン・スコセッシ監督映画『沈黙』等々海外で活躍する一方、『春琴』『豊饒の海』『オイディプス』等、国内舞台での重厚、時に洒脱な存在感に加え、オペラ『蝶々夫人』『紫苑物語』では国際的スタッフを率い演出家の冴えた技を披瀝。フランス芸術文化勲章最高章「コマンドール」受賞。パリ在住。坪井とは五十年近い親交がある。

『呼吸する身体ー武術と芸術を結ぶ』本文より

私たちの世界に今、欠けているのは、「からだ」かもしれない。生命、存在の器であり「自然」から賦与された「からだ」のとらえ方があまりに貧弱である。だから、「ことば」と「こころ」の問題が生じる。 (略)
特に本書で私が述べてきたような道筋を目指す武術は、そこに「からだ」「ことば」「こころ」の真に活々とした結びをとらえることができるようなものなのである。 つまり、あらゆる意味で、人間性をーー自分を、根源から振り返り、とらえ直して、拓いてゆくものである。 そういう武術は「自由(やわらか)さ」と「確かさ」を実現するだろう。


240頁 定価 2,300円+税

新泉社
Amazon


Moebius  Kiryuho(Kajo  Method)  Since  1976

https://kiryuho.com/

blog: https://tsuboikajo.hatenablog.com/

contact: lab@kiryuho.com

tel:090-8683-0456 tel:042-378-6648

fax:042-378-8020

〒206-0803 東京都稲城市向陽台2-11ビューパレ向陽台113 ∞気流法の会